new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

大人の時間割帳(日付なし・見開き2週間)1冊

¥825 税込

送料についてはこちら

時間割の枠は27枠です。 こちらは週間のみを書く日付なし手帳で、月間ページはありません。 書ける量は、見開き1週間×6項目の場合27週間で、半年分です。 上段と下段に日付を書いて見開き2週間×3項目にした場合、54週で1年分書くことができます。 月間は使いこなせないのでなくしてほしいというご意見もいただくことがありますので、いつもと違う大人の時間割ということで、今回は週間だけにしてみました。 ●A5サイズ 高さ21cm×幅14.8cm×厚さ4mm ●表紙:マーメイド 空 モノクロ印刷 ●中綴じシルバー針金製本 ●本文:淡クリームキンマリ(筆記性に優れたクリーム色の上質紙)、 時間割枠と5mm方眼は薄いグレー ●時間割枠のみで日付は自由記入式 ●時間割枠が見開きで27枠 ●最初と最後のページは方眼 ●重さ85gで軽い ●2021-2022年の日付記入例の紙が1枚入っています 工場に試作品を作ってもらうにあたって、ちょっといつもと違うのを作りたいなと思って、大人の時間割に横線を足して、お昼ご飯の時間入り大人の時間割帳を作ってみました。 ******************************** 【使い方】 通常の大人の時間割帳にある上の日付の面積を減らして、真ん中に1cm分、お昼ごはんの時間を作っています。 画像のように、ランチに食べたものを書く欄にしてもいいですね。 見開き1週間で使う場合 上をガントチャートで、下をバーティカルとか、 上が自分の予定で、下は家族の予定とか、 上は仕事の予定で、下はプライベートの予定とか、 上は朝昼夜のスケジュールで、下は週のタスクとか、 上下で書く内容を分けている人にも見やすいと思います。 今まで大人の時間割は、週に6項目書けるものですが「そこまで書くことがない」と思っていた方は、 上を1週間(3項目)、下も1週間(3項目)にすると、気軽に書けて見開きで2週間見られるしとっても便利です。 3項目は「朝・昼・夜」が簡単なので、使い方が決まっていない方におすすめです。 普通のウィークリーだと書いた内容が時間ごとじゃないので混ざるし、バーティカルみたいにきっちり書こうとすると難しくて続かないなどの場合におすすめです。 朝・昼・夜だと、予定が入ったらエリアごとに書いていけるし、その前や先にしておきたいことがあれば朝の方に書いて、後からすることを夜の方に書いておけばだいたい時系列で並んでいるので、今何をするかがわかりやすいです。 あまり先まで書かないようにすれば、来週からでも使い方を変えることができます。 中学生や高校生の場合 「学校の予定(行事や提出物)」 「すること(勉強の計画)」 「プライベートの予定」の項目別の手帳にするのもいいですね。 大学生の場合は 「学校や勉強」 「バイト」 「プライベート」にすると、どこに書いたか一目瞭然なので見やすいです。 学生さんにも使いやすい手帳です。 表紙は無地なので、絵を描いたりシールを貼ったりして自分好みにしてもいいですね。 日付がないので、1月始まりにも4月始まりにもできます。 日曜日始まりにも月曜日始まりにもできます。